読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

16歳の君とはさよなら

Hey!Say!JUMPが9人になってから5回目の4月6日

龍太郎の21歳の誕生日

4月6日は嫌でも龍太郎のことを思い出すから嫌い

龍太郎が嫌いなんじゃない
未だに思い出して戻ってこないかな、なんて淡い期待を抱いてる自分が嫌い

テレビで亀梨くんが「3人になるなんて思ってなかったから」って笑ってた
NEWSのメンバーも「半分なんかじゃなくて9が4ですから」って笑ってた
なんだか羨ましかった

5年って長いようでわたしにはとっても短いように感じる

未だに龍太郎の場所探しちゃったりするんだ
こんなに未練タラタラなオタクでごめんね

でも、最初から「僕ら9人です」って活動してる現実
あれ?10人だったのってわたしの妄想?夢だったの?
隠し通して思い出させないように触れさせないように騙し騙し過ごした5年
とっても悲しいの 胸が痛いの

最近Hey!Say!JUMPを知った人はJUMPが10人だったことを知らないんじゃないかな、森本龍太郎は忘れ去られちゃうのかな本当は不安でいっぱいで、そんな未来許せなくて。
ファンさえも龍太郎のことに触れない気がするのはわたしだけなのかな
たとえ わたしのワガママだとしてもそんなのやだ

龍ちゃんが好きだから、大好きだったから

わたしの思い出は10人だったころのHey!Say!JUMPで止まってしまってるんだ きっと
16歳の森本龍太郎で時が止まってる

グループできたとき光や雄也にからかわれるのが遊びかわからなくて真面目に受け止めちゃう龍太郎も ライブで喧嘩始めちゃう森本兄弟も チビーズの身長抜くくらい大きく育った龍太郎も その体から音が生まれるようなダンスも好きだった

過去に思い馳せて今のJUMP見たときにまた悲しんで
バカみたい
もうやめたい
9人だって理解してるつもり
9人のJUMPがモンスターグループになっていくこの瞬間を応援できてることってとっても幸せだなって感じてる
毎日幸せだもん 楽しいんだもん

でもたまに思う このまま進んでいいのかって

過去の過ちほり投げて さあ!新しい時代を!俺らが輝く場所を!は違うんじゃない

ほら、わたしバカだからさ、JUMPちゃんかわいい♡で出来てるように見えると思う。
けど、言葉にして伝えるの下手だからしないだけで1回引っかかったことは来世まで連れてくんじゃないかレベルでネチネチ考えちゃう

謝ってほしい訳でもない 龍太郎の話を公の場でしろとも言ってない

森本龍太郎」という存在がHey!Say!JUMPにいたよ ただそれだけを認めてほしい







龍太郎が笑い話というなら 君の存在を忘れてしまうくらい笑ってあげよう
簡単にはできないけど いつか笑って話せるように今は無理にでも笑おう
Hey!Say!JUMPはジャニーズで
龍太郎は違う場所で輝くこと願ってがむしゃらに応援しよう

だから バイバイ
大好きだった16歳の龍ちゃん

21歳の龍太郎 お誕生日おめでとう